【TARGET】CHARIS(カリス)キャシー・リョンモデルを画像からレビュー

キャシー・リョン選手TARGET移籍後の初モデル「CHARIS(カリス)が発売されます。 ダーツハイブOFFICIAL PLAYERより)  

画像を見ながら、どのようなバレルなのかを分析していきます。

 (TARGETより

 

前作【COSMO DARTS】レインオブグレースとの比較も行いながらご紹介していきますので、このバレルが気になっている方は是非最後までご覧ください。

 

結論から言うと、ストレート形状でありながらもしっかりとしたグリップ感を得られ、抜け感とのバランスも良いバレルとなっています。

 

スポンサーリンク

スペックと形状

※Rain of Grace重心:エスダーツ画像より計測

 

 

元々ストレートバレルに近かった形状が、よりストレートバレルに近くなりました。

 

近いと記述した理由は、最大径7.0mmからグリップ部には段差があり、真っ直線というわけではありません。  

 

全長に変更はなく、最大径が0.2mm太くなっています。

通常版である18gでも、前作より1g増量となっています。

 

 

 

前作同様Rain of Grace(恵みの雨)という名に相応しく、雨粒のようなフロントデザインがとても可愛らしいです。  

 

スポンサーリンク

グリップ部の太さ

複雑なグリップ部ですが、グリップはストレート形状です。 前述した通り、青枠部で段差が作られているのが分かります。

 

グリップ部太さは、6.45mmとなっています。 (数値は全て自己計測の為、定かではありません。)

 

前作では、僅かなテーパー(1.4°)が入り、バレルエンドを9mm程度ストレートにしていました。

最小径は太くなっていることから、前作よりもグリップ感を感じる事が期待出来ます。  

 

所謂鉛筆持ちのようなグリップのキャシー選手(記事最後に関連動画を張っておきます)

グリップ部は細めにしたかったが、人差し指が乗る部分には少し太さが欲しかった事が伺えます。

 

カット

トリプルリングカットをメインにバレルエンドに逆シャークと比較的シンプルなカットは大きく変更されています。

 

  公式文章で「デコラティブ」と記載されている通り、とても装飾がかったカットに仕上がっています。

青枠はオクタゴンシェイプとなっており、8面の形を採用しています。

この部分をメインに持つ事で、しっかりと面でのグリップ感を感じる事が期待できます。

 

 

正直かなり複雑で画像だけでは読み解ける自信はありませんが、

 ベースのカットは、シャークカット、リングカット、Rカットではないかと考えています。

全体的にカット幅も広くなく、溝も深くないです。

強めのカットはないため、抜けの良さとしっかりとしたグリップ感を感じられる事が期待できるカットだと考えています。

 

まとめ

日本でも人気のある香港の女性プレイヤー、キャシー・リョン選手のNewバレル。  

45mmと比較的扱いやすい長さのストレートバレル。
グリップ部は細身ながらも、しっかりとしたグリップ感を得られるカット。
扱いやすい重量の18g、重めが好きな方への20gと2つの選択肢。

  ブラック&ローズゴールドのカラーリングで、女性にも非常に人気がありそうなバレルとなっています。  

 

今回は、そんな素敵なカリスについてご紹介させて頂きました。

 

  TARGETでは、ライブカードが必ずもらえるキャンペーンを実施中!  

 

ダーツハイブでは、シャフトやフライト、ポストカードもついたLimitedEditionが予約受付中!

ダーツハイブ限定カラーもありますよ!

 

バレルだけの限定カラーも予約受け中です。

通常カラーでも予約するとプロマイドもついてくるので、キャシーファンはチェックです!

 

関連動画

スポンサーリンク
TARGETバレル紹介
記事が気に入って頂けた方はシェアお願いします
むっかをフォローする
スポンサーリンク
だーつろぐ