扱える長さとダーツの速度でセッティングを考えよう。

 

貴方は、ダーツのセッティングってどうやって決めていますか?

 

  • なんとなく決めている。
  • 見た目で決めている。
  • 良く分からないので、最初についてきた物を使っている。

 

そんな方も居るのではないでしょうか。

 

シャフトやフライトには数多くの種類があります。

その中から自分にはどれが合ってるか選ぶのは難しいですよね。

 

今回は、私のセッティングの選び方の1つを紹介します。

 

セッティングで悩んでいる方は、是非参考にしてください。

 

筆者の簡単なプロフィール

ダーツ歴10年、PERFECTプロ歴3年。

 

ショップで試投させて頂いたり、実際にバレルデザイナーとして活躍されていた(いる)方からイベントなどで伺った内容、ブログ等でオープンにされていた知識等を基にバレルの分析をするのが楽しみです。

 

実際に投げたバレルは250種類以上。(2021/6月現在)

 

また、数多くのレッスン受講歴があり、イップス・グリップイップスの経験から自身でも身体について勉強しています。

  

スポンサーリンク

シャフトの選び方

私は、最初にシャフトの長さを決めます。

 

シャフトの長さは、バレルの長さと相談して決めます。

 

  • バレルが長ければシャフトを短く。
  • バレルが短ければシャフトを長くする。。

 

このように、全体の長さで考えるという事です。

 

 

人によって扱いやすいダーツの長さは異なります。

 

 

飛ばすイメージがしやすい長さ、テイクバックしやすい長さ 等 扱いやすい長さはどの程度か?が大切です。

 

  

一般的に、ダーツ全体が長ければ棒をなげるように。短ければボールを投げるような感じ。と言われています。

 

しかし、これは目安程度に考えれば良いと考えています。

 

何故なら、ダーツの飛ばし方でイメージは変わるからです。

※飛ばし方については後ほど記載します。

 

人によっては、バレルの長さに関係なく、シャフトの長さが変わらない方がイメージしやすい・使いやすいという方も居ます。

 

そういう方は、それで構いません。

 

正解・不正解はありません。

 

シャフトはLシャフトかD.craftで揃える。

シャフトはかなりの種類が出ています。

 

正直、この中から好みを選び出すのは超困難です!

 

そのため、とりあえず大手と言われるところの商品を抑えておきましょう。

※Lスタイルの横線は、現行生産されていないモデルです。

 N:ノーマル S:スリム

 

シャフトの形も様々で、素材により重量も異なります。拘る方はとことん拘る部分です。

 

バリエーションが増え、選択肢が多いのはとても素晴らしい事ですが、悩みの種でもあります。

  

悩んだら、Lシャフトを全て購入

お店で試せるのであれば、全て試しましょう。

 

Fitの商品数は、慣れていない方には、とても分かり難いと思います。

 

どうしてもFitが使いたいという方は、ある程度自分の好みが固まった時点で変更しするのがお勧めです。

 

またコンドルは、シャフトフライト一体型の商品のため、好みの長さを確かめるには不向きだと思います。

 

こちらも自分のセッティングが固まってきた時に検討して欲しい商品です。

 

 

8シャフトかLシャフトかで悩んだら、Lシャフトがお勧めです。

 

商品展開のバランスがとても優れていますし、だいたいどのお店でも購入することが可能です。

 

私も長年愛用しています。

 

全て購入しましょうと書きましたが、225と295はまだ買わなくて良いです。

 

カーボンという折れにくい素材出来ているものでしかラインナップがなく、高価です。

 

大体の長さが決まり、更に拘りたい時に検討して欲しい商品になります。

 

 

Lシャフトは高価。そんな時はD.Craft

そうは言っても、そんなに買えないよ!という方も多いと思います。

D.Craftのシャフトは、1セット220円で3種類揃えても660円です。

 

Lシャフトは550円8シャフトは770円とほぼ1セット買う値段で3種類の長さを揃える事が出来ます。

 

まずは、これで自分が短いのが良いのか、中くらいか、長いのが良いのか確認するのもお勧めです。

 

しかしながら、ノーマルとスリムは感覚がだいぶ異なるので、可能であればスリムタイプも試して欲しいところです。

 

 

扱いやすさでシャフトの長さを選ぶ

さて、実際にどう選んでいくか。

 

とても簡単です。

  

バレルにシャフトとチップだけをつけ、素振りをします。 

これだけです。

 

特に、テイクバックと投げ始めのところだけ意識してもらえば十分です。

「トップ」と言いますが、この切り返しの部分に目を向けてください。

 

 

現在私は、バレルは取っ手でシャフトとフライトを飛ばす。という考え方を取り入れています。

  

バレルは持ちやすさ、投げる際の力の加えやすさ、抜けやすさこの3点で選んでいます。

そして、シャフトとフライトで投げやすさを調整する。このように考えています。

 

 

このトップの際に、「バレルは取っ手で、シャフトとフライトを飛ばす」というイメージをしやすい。嫌でない。好みのシャフトの長さを探していきます。

 

※この他にもチップから後ろを全体を飛ばすや、ダーツ全体を飛ばす、または投げる等、様々な考え方があります。

 

スポンサーリンク

フライトを選ぶ

シャフトが決まったらフライトを決めていきます。

 

フライトが大きいとゆっくり弧を描くように飛び、小さいと速く直線的な飛びになると一般的に言われています

しかし、これもダーツの飛び方により変わるものと考えています。

 

フライトの根本部分の大きさ(広がり方) = 空気抵抗 と考えています。

基本的に面積が広いフライトは根元の開き(角度)が大きく、空気抵抗が大きいです。

 

空気抵抗が大きければ、飛んでる際にフライトに力がかかる為、飛行姿勢に影響を与えます。

 

つまり、フライトの面積 = 飛行姿勢への影響(修正する大きさ) と言えるのは事実だと考えます。

 

間違えて欲しくないのは、 飛行姿勢の修正力 ≠ 飛行姿勢の安定 という事です。

 

修正力が強すぎ、盤面間近で角度が付きしまい弾かれる等もあるという事です。

※関連動画に東田臣選手の動画を載せておきますので、詳しくはそちらをご覧ください。

 

フライトは矢速で選ぶ

私はボードに刺さる事を前提として、ダーツの速度でフライトを選びます。

 

先ほど、フライト面積 = 飛行姿勢の修正力 とお伝えしました。

 

この飛行姿勢の修正の際に、減速・加速が発生します。

 

こちらも飛び方により、フライトの大きさと速度の関係が変わってきます。

※こちらも詳しく知りたい方は関連動画に載せておきます。

   

フライトの種類も多すぎる

フライトもシャフトと同様、相当な種類があります。

 

素材も分けまでしてみると、正直選びきれません。

  • Fitフライト系で41種類
  • Lフライト系で11種類
  • 8フライト系で4種類
  • コンドル系で8種類

※エスダーツ フライト比較一覧表 参照

  

フライトもはLフライトかD.craftで揃える。

前述の通り、フライトだけでもこれだけ人気のあるメーカーがあります。

選びきれません。

 

お店で試せるのであれば、全て試しましょう。

使わない手はないです。

  

悩んだら、Lフライトを全て購入

Fit系は素材と種類が豊富過ぎて、ある程度選択肢が絞れてから出ないと悩みすぎると思います。

 

8フライトは、逆に種類が限定的過ぎます。

コンドルはシャフト一体型の為、好みを探す際には不向きだと考えます。

 

そのため、悩んだらLフライトを全て購入がお勧めです。 

 

※先に8シャフトを選んだ方は、8フライトしか装着できません。

 Fitシャフトを選んだ方も同様、Fitフライトしか装着できません。

 

Lシャフトのみ、この後紹介する折り畳みフライトの装着も可能です。

※その場合、シェルロックの使用を推奨します。

  

Lフライトも高価。そんな時はD.Craft

そうは言っても、そんなに買えないよ!という方も多いと思います。

Lフライトも1セット660円。安くないです。

 

そこで、D.Craftの折り畳みフライトのAセットBセットです。

1セット550円なので2つ揃えても1100円です。

Lフライトをほぼ2セット買う値段で、6種類のフライトを揃える事が出来ます。

 

※リンクを張っているエスダーツでは、穴開け加工が無料で出来ます。

Lシャフトを使用される方は、「シェルロック用穴開け」とシェルロックの購入を忘れず。

D.Craftのシャフト使用の際は、「シャフトリング穴開け」がお勧めです。

  

成型フライトが人気ですが、自分の好みを選ぶ際には、安価な折り畳みフライトを使うのがお勧めです。

 

ダーツの飛び方とは

先程から出てくるダーツの飛び。

 

ダーツの飛び方(リリース)は大きく3つの飛び方があります。

  

 

※刺さり方も含め、もっと細かく分類をされている方もいます。

 より細かく知りたい方は、関連動画に載せておきます。

  

これは個人の投げ方の特性で、どれが良い悪いはないです。

自分の投げ方を安定して出来る事が一番大切です。

 

 

この飛び方によってフライトが及ぼす影響度が大きく異なります。

※こちらも詳細に知りたい方は、実験された方の動画を関連動画に載せておきますのでご覧ください。

 

自分のダーツの飛びを最大限活かす為にも、色々な種類のセッティングを試して欲しいと思います。

  

まとめ

実際のところ、体感する中で自分で探していくしかないありません。

 

飛行姿勢や速度を動画で撮ったり、第三者の方にアドバイスをもらうのも良い方法だと思います。

 

しかし、自分が気持ちが良い長さや速度は自分でしか分かりません。

   

参考意見は大事だと思いますが、最終的には自分で決断して欲しいです。

 

そして、その体験は知識として自分の中に蓄えられます。

それは、後に自分の調子によってセッティングを変更することが出来る対応力となります。

  

今日のまとめです。

  

今回ご紹介したのは、私の考え方の一部です。

これ以外にも様々な考え方があります。

 

是非、色々なセッティングを試し、お気に入りのダーツに仕上げて欲しいと思います。

合わせて読みたい

ダーツのセッティングは、持ちたい場所と重心位置で選ぶという考え方

 

 

関連動画

フライトの修正力(デメリット)については、下記動画2:47~。

スポンサーリンク
その他セッティング
記事が気に入って頂けた方はシェアお願いします
むっかをフォローする
スポンサーリンク
だーつろぐ