【DMC】ルーヴを画像から考える

DMCのカラーズシリーズ ルーヴ。

楠本明菜さんのモデルとなります。

前回紹介した「フルールコロレ」同様、選手モデルではない「人物コラボ」の位置づけです。

 

LOUVEは、フランス語で「狼」を意味するようです。カッコイイ!

 

ルーヴは、「癖が少なく、カットと太さによる適度なグリップ感があるバレルが欲しい」そんな方にお勧めだと感じました。

 

スポンサーリンク

スペックと形状

全長:44.0mm

最大径:7.25mm

重量:17.0g

重心:前重心(エスダーツ画像より推測)

※重心は中心より1.5mm程度前にあり、一般的に前重心に位置するバレルです。(数値は全て自己計測の為、定かではありません。)

 

44mmという比較的多くの方が持ちやすい長さと、太すぎず細すぎずの最大径。

17gという最近では少し軽めの部類で初心者でも扱いやすい重量設定。

 

赤枠バレルエンド15mmから、約2.5°と少し緩めのテーパーが入っています。

 

大きな特徴は数値と見た目からは見当たらず、万人に使いやすい印象を受けます。

中央部を持ってストレートのように投げることも、バレルエンドを持ってトルピードのようにも使えるバレルです。

 

スポンサーリンク

グリップパターン

パターン1

中央付近のストレート部分をグリップします。太さは7.25mmです。

カットはシンプルなリングカットですが、比較的深めで幅が広いので、程よいかかりとグリップ感を感じられると思います。

 

重心位置からも近いグリップポジションなので、どんなセッティングでも扱いやすそうです。

 

カットはしっかりしていますが、ストレート形状なので抜けが良いと思います。

また、カットがしっかりしているので、長く使える事が期待できます。

 

パターン2

バレルエンドのテーパーを使って投げる位置となります。

太さは7.0mm~6.2mm程度まで細くしています。

 

緩めのテーパーにダブルリングカットを採用しており、グリップ感と抜けの良さのバランスが良い事が期待出来ます。

パターン1よりもカットとテーパーを使えるので、力を伝えやすいです。

 

重心位置からは少し離れてしまい、少し重さを感じにくかったり、矢角が出しにくい可能性がありますが、セッティングで全体のバランスを取ることで、とても使いやすそうな印象があります。

 

結論

シンプルな見た目ですが、2通りの使い方が可能で、スペックやカットも癖が少なく、幅広い方が使えるバレルだと感じました。

前方のシャークカットは、指の置き位置としても使えそうですね。

 

今回は、そんな素敵なルーヴについてお話させて頂きました。

スポンサーリンク
DMCバレル紹介
記事が気に入って頂けた方はシェアお願いします
むっかをフォローする
スポンサーリンク
だーつろぐ