【ONE80】オルカを画像から考える

ONE80は、最近日本でもよく商品が展開されるようになりましたね。

THE WORLD 2013 GRAND FINAL優勝のローレンス・イラガン選手や

SUPER DARTS2013優勝のスコット・カーシュナー選手も所属するバレルメーカーです。

PRプレイヤーも居たり、日本ダーツへの参入にも力をいれていますね。

 

そんなONE80関根麻耶選手のバレル、オルカのご紹介です。

 (エスダーツより)

 

ORCAは、「しっかりしたグリップ感を感じながら、ダーツを押すように投げたい」方にお勧めのバレルだと感じました。

 

2BAとNo5の2タイプ発売されています。

今回はNo5モデルを中心に説明致します。重心や先端の形状に多少の違いはありますが、大きく変わりませんのであしからず。

(選手ご本人がどちらをメインで使っているのか分からず...)

 

スポンサーリンク

スペックと形状

全長:43.5mm

最大径:7.8mm

重量:19.0g

重心:ほぼセンター

(2BA:センターよりコンマ数mm後ろ、No5:センターよりコンマ数mm前で、両タイプを比較しても重心位置は1mmも変わりません)

(数値は全て自己計測の為、定かではありません。)

 

菱形形状のトルピードバレルで、特徴は7.8mmという太さと強烈なシャークカット、きつめのテーパーです。

全長よりもカットとテーパーが合うかが分かれ目のモデルだと感じます

 

前方は、テーパーではなくR形状でしょうか?

ORCA(シャチ)のイメージにピッタリの形状で、カメレオンカラーと呼ばれる配色や、星やドットのポイントも可愛らしいですね。

 

19gは少し重めの部類ですが、重すぎる事もなく、楽にダーツを飛ばせる事が期待できます。

 

グリップ部の太さ

バレルエンド9mm位から急激なテーパーが入っています。

9mm程度の長さで7.8mm~6mm程度まで細くしますので、中々の角度です。

以前紹介したマーベリックと同じ位です。

テーパーで押したいという方にはピッタリですね。

 

また、中央付近の7.8mmという太さは、しっかりしたグリップ感を感じる事が期待できます。

 

最大径でのストレート部も8mm弱あるので、太めのストレートとして使う事も出来そうです。

 

スポンサーリンク

カット

中央のストレート部分はシャークカットで、赤枠がテーパー部分です。

シャークカットからテーパーに入る際に、少しかかりの弱めなウィングカットが入っていますね。

テーパー部は、深めのリングカットが2本、その後マイクロカット、リングカットという配置。

 

絶対かかりの良いカットそんな印象です。

 

結論

最大径7.8mmの太さと急激なテーパー角、そしてかかりの良いカット。

重量は、少し重めのな19gを採用。

軽く投げても飛ぶだろうな。という印象を受けました。

 

・見た目も可愛いため、女性プレイヤー

・太さによる安心感があるため、初心者のプレイヤー

・ダーツに力が乗りづらいく、カットやテーパーでもっと鋭く飛ばしたいプレイヤー

 

そんな方に特にお勧めのバレルだと感じました。

 

今回は、そんな素敵なオルカについてお話させて頂きました。

スポンサーリンク
one80バレル紹介
記事が気に入って頂けた方はシェアお願いします
むっかをフォローする
スポンサーリンク
だーつろぐ