【DMC】Sabreマイナーチェンジを画像から考える

DMCが2021年4月より既存バレルのマイナーチェンジを行います。

その第一弾のセイバーについて、公式からインプレッション動画が上がりましたので、その情報からどのようにマイナーチェンジされるのかを考えていきます。

※動画は記事最後に張っておきます。

 

以前、セイバーについてご紹介しましたが、今回はマイナーチェンジ前と後で比較をしていきます。

 

スポンサーリンク

スペックと形状

全長:40.0mm(変更なし)

最大径:7.2mm(変更なし)

重量:18gor20g

重心:2021年3月29日現在不明

 

マイナーチェンジ後

 (DMC公式YOUTUBEより)

マイナーチェンジ前(Classics)

エスダーツより

 

マイナーチェンジ前は、バレル単体16.5gと18gの販売でした。

今回は、バレル単体18gと20gの販売となります。

 

18gは共通じゃないか!

私もそう思ったのですが、Classicsでは41.0mmだった全長が、40.0mmに変更されています。

 

単純に中を抜く量を減らしただけじゃないのか?

発表当時、私はそう考えたのですが実際のところはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

変更点

全体的なアウトライン

全体的なアウトラインに大きな変更は見られませんでした。

 

カット

1.3mmのシャークカット4本、2mmのシャークカット3本で構成されていると動画では紹介されています。(青部は2本ではないか?)

 

動画では、バレル重量のみを変更したと仰っていました。

 

しかし、前方シャークカット(赤枠)の幅が僅かに違うのではないかと考えています。

 

セイバーは、様々な選手モデルが出ております。各選手でこの赤枠部分は様々です。

・MASUMI SP:1mmのウィングカット

・MASUMI SP2:1.4mmのウィングカット

・Sunny SP:1mmのシャークカット

・Tetsuya SP:1.3mmのシャークカットにリングカット

DMC公式YOUTUBEより

 

セイバーに限りなく近いMasumiSPやSunnySPが1mmであることと計測からの推測ですが、

マイナーチェンジ後は1.3mmと紹介されていますが、Classicsでは約1mmのカットだと考えています。(数値は全て自己計測の為、定かではありません。)

 

 

重量アップをしたことで、矢が失速する可能性を考慮し、少し強めのカットに微調整したのではないでしょうか。

 

まとめ

画像からマイナーチェンジ後のセイバーについて調べましたが、アウトラインに大きな変更は見当たりませんでした。

 

写真は16.5gの現行セイバーですが、中の堀りが深めな事から、中の抜きを調整し、重量アップを図ったと言えそうです。

 

また、カット幅が変更になっている可能性を考えているので、発売後に改めて調べてみたいと思っています。

 

今までのモデルは、ClassicsとしてDMCオンラインショッピングで購入する事が出来るため、重量での選択肢が広がりましたね。

 

今回は、そんな素敵なマイナーチェンジ後のセイバーについてお話させて頂きました。

 

スポンサーリンク
DMCバレル紹介
記事が気に入って頂けた方はシェアお願いします
むっかをフォローする
スポンサーリンク
だーつろぐ