【DMC】セイバー Tetsuya SPを画像からレビュー。


DMC
の藤原徹也選手モデル「セイバー Tetsuya SP」

     

今月(6月)は藤原選手の誕生月であり、DMCバースデー企画として6/1~6/30まで、エスダーツもしくはDMCオンラインショップで購入が可能です。

発売時期が限られており、入手出来るときに入手しておきたいバレルの1つです。

 

       

極力主観(投げ感)を省き、画像を見ながら「セイバー Tetsuya SPがどんなバレルなのか。どのような人に合うバレルなのかを説明していきます。

   

また、ベースとなったバトラスセイバーとの比較も行っていきます。

 

 

前々から気になってた。この記事を読んで欲しくなった。

そんな方は、販売期間に是非ゲットして欲しいです。

 

筆者の簡単なプロフィール

ダーツ歴10年、PERFECTプロ歴3年。

 

ショップで試投させて頂いたり、実際にバレルデザイナーとして活躍されていた(いる)方からイベントなどで伺った内容、ブログ等でオープンにされていた知識等を基にバレルの分析をするのが楽しみです。

 

実際に投げたバレルは250種類以上。(2021/6月現在)

 

また、数多くのレッスン受講歴があり、イップス・グリップイップスの経験から自身でも身体について勉強しています。

 

スポンサーリンク

セイバー Tetsuya SPのスペックと形状

 

  • 全長:42.0mm
  • 最大径:7.2mm
  • 重量21.0g
  • バレル単体重心位置:やや前重心(エスダーツ画像より推測)

  

ベースとなったバトラスセイバーに大変よく似ています。(※全長42mmカスタマイズとの比較)

通常のバトラスセイバーは全長40mmに設定されていますが、リアパーツを交換することで全長42mmにすることが可能です。

 

また全長が伸びる事で重量もあがり、20gから20.8gとなります。

 

2021/6/6現在、21.4mmパーツはエスダーツでは再入荷待ちとなっています。

購入はダーツハイブ等をご検討ください。

 

 

  

公式説明より、

藤原選手がbatrasセイバーを使用してから、結果が出始めたこともあり、ベースのバレルからは、敢えて大きな変更を施しておりません。

しかし、リングカットを入れたことで、セイバー特有の抜け感はそのままに、しっかりとしたグリップ感を得ることが出来るようになりました。
通常のセイバーを愛用していた方にも違和感なくお使い頂けるはずです。

 

 

アウトライン

セイバー Tetsuya SPのアウトライン(形状)です。

※数値等は全て、画像からの自己算出の為、参考程度にお考え下さい。

 

 

 

バトラスセイバーとの比較画像です。

 

分かり難い部分もあるかと思いますが、チップ形状がNo5と2BAであること以外は殆ど形状に変化がないのがお分かり頂けると思います。

  

 

この画像からも分かる通り、元々セイバーを使っていた方が乗り換えしやすい事が期待出来ます。

   

  

藤原選手のグリップ

実際に藤原選手のグリップ位置を見てみると、

 

バレルエンド部を持つグリップです。

 

薬指がちょうどチップの先端に当たるようなグリップとなっており、バレル全長がグリップの安定性を高めているように見えます。

 

テイクバック時には手の形は変更されず、セットアップの形のままテイクバックをするプレイヤーですね。(記事最後、関連動画参照)

 

   

グリップしたい位置が微妙にズレていたり、もう少し持つ位置を変更したい。と感じる方は、セッティングで重心を変更する等で調整する方法もありますのでお試しください。

 

合わせて読みたい

好きなフライトを使い、ダーツの重心位置を操るセッティング方法

合わせて読みたい

ダーツのセッティングは、持ちたい場所と重心位置で選ぶという考え方

 

   

スポンサーリンク

カット

  

セイバー Tetsuya SPのカット構成

 

ベースは、バトラスセイバーですが、バレルエンドまでカットが入っている事

シャークカット(ウィングカット)をメインとし、抜けの良さを向上させているのがポイントです。

 

 

DMC公式YOUTUBEより

   

比較してみるとカットには細かい変更がされている事が分かります。

 

カットの幅は短くなり、やや指との接地面は減ってしまっていますが、リングカットの効果もあり、グリップした感じをより感じられるようになっていると思われます。

 

  • セイバーのバレルエンドにカットがないのに困っていた方
  • シャークカットのかかりがもう少し緩いと良いなと思っていた方

  

その様な方にお勧めのモデルと言えそうです。

   

まとめ

今回考察したセイバー Tetsuya SP、通常のセイバーからのお勧めポイントは4点

  • 42mmと通常よりも長い全長となり、手の大きい方やグリップ間のある方にも対応しやすくなった
  • カットがマイルドになったことで、きつめに感じていた方にお勧めのカットが採用された
  • バレルエンド迄カットが入った事で、後方持ちユーザーに使いやすくなった
  • 21.0gという重量モデルで重さを活かしたスローが可能
  • ただし、慣れないと疲れてしまう可能性があり

  

  

セイバー Tetsuya SPは、リリースインパクトが比較的手前側の方にお勧めしたいバレルの1つとなります。

合わせて読みたい

フォームから見るバレル選び。リリースインパクトに合うバレル形状とは。

 

また、適正なリリースインパクトを作り出すには、体幹主導での動きが重要となります。

合わせて読みたい

How to Darts? ダーツは体幹を使うスポーツである

    

今回は、素敵なセイバー Tetsuya SPのご紹介でした。

  

ご購入の検討は、エスダーツもしくはDMCオンラインショップから!

エスダーツで探す DMCオンラインで探す

 

 

セイバー Tetsuya SPについては、こちらをご覧ください。

合わせて読みたい

【DMC】セイバー Tetsuya SP2を画像から考察。

関連動画

関連商品

バトラス セイバー

エスダーツで探す ダーツハイブで探す
スポンサーリンク
DMCバレル紹介
記事が気に入って頂けた方はシェアお願いします
むっかをフォローする
スポンサーリンク
だーつろぐ