安定したスタンスには「足に壁」を作る。しっかりとした立ち方の基本を考えよう。

ダーツではしっかりしたスタンス(立ち方)が重要です。

 

投げる際も、重心移動・体重移動はしながらも、前に突っ込まないように投げるのが理想です。

 

 

安定したスタンス。皆さんはちゃんと出来ていますか?

 

私は、前に突っ込んでしまう事があり苦労しました。

 

前に突っ込んでしまい、ダーツにパワーが乗らなかったり、リリースのタイミングがズレることで目標よりも下に刺さっていました。

 

正しい位置で身体を支える事で、前への突っ込み具合は激減し、リリースのタイミングが取りやすくなりましたので、今回は私が実際に行っていた内容をご紹介します。

 

最後まで読んで、安定したスタンスの習得に役立てて下さい。

 

 

むっか

筆者の簡単なプロフィール

ダーツ歴10年、PERFECTプロ歴3年。

趣味は、バレル分析。

 

実際に投げたバレル数は250種類以上。(2021/6月現在)

 

ショップで試投させて頂いたり、実際にバレルデザイナーとして活躍されていた(いる)方からイベントなどで伺った内容、ブログ等でオープンにされていた知識を等を基にバレルの分析をしています。

 

数多くのレッスン受講歴、イップス・グリップイップスの経験から、自身でも身体について勉強しています。

 

そんな「むっか」が、自分の中で消化した内容、現在取り組んでいる事をお伝えしています。

 

 

スポンサーリンク

足に壁を作る

投げた際に安定するには、足に壁を作るイメージをする事が重要です。

 

スローラインから前に出ないように。

その場でしっかりと踏み込み、踏ん張れるように。

足の外側に壁をイメージします。

 

ダーツは、ついつい上半身ばかりを意識してしまいますが、下半身がとても重要です。 

 

このイメージをすることで、足にも意識がいくようになります。

 

足元がしっかりし、前への突っ込みが減る安定したスタンスとなってきます。

 

合わせて読みたい

How to Darts? ダーツは体幹を使うスポーツである

 

スポンサーリンク

筋肉は前後左右が整っていること

筋肉は前後、左右(曲げる・伸ばす)と対立して存在しています。

 

安定したスタンスは、前後、左右、筋肉のバランスが整っている必要があります。

 

前後であれば、モモ前の筋肉とモモ裏の筋肉。

 

左右であれば、内モモの筋肉と外モモの筋肉。

 

このように対立している筋肉が拮抗している状態を「整っている」と表現しています。

 

私が行った内容

私は「足に壁を作る」意識をする際に、外モモの筋肉だけを意識していました。

 

また、身体の中心で支えると考え、内モモをとても意識した時期もありました。

 

しかし、どちらも安定したスタンスにはなりませんでした。

 

確かにふらつきはしないようになりましたが、身体を筋肉で固めている状態になってしまっていました。

 

筋肉が頑張って支えてる。と言い換えても良いと思います。

 

これでは、ダーツを狙うことに集中出来ていません。

 

 

安定したスタンスは、どこかが強すぎてもダメです。

  

まず、身体を真っすぐにすることが重要だと考えています。

 

骨盤を立てる

身体を真っすぐにするため、「骨盤を立てる」ことが必要でした。

 

まず、モモ前後の筋肉を緩ませることから始めました。

 

デスクワークや学生であまり運動をされない方は、モモ裏側の筋肉が硬くなり、収縮していることがあります。

 

ストレッチ等を取り入れ、骨盤をしっかり立たせられるようにしましょう。

 

普段の生活でも姿勢が悪く、肩こりや腰痛になっている方は、骨盤を正しい位置にすることで改善出来る可能性があります。

 

ストレッチ方法

デスクワークでモモ裏側(ハムストリングス)が固まっている方は、股関節も硬くなっています。

 

裏側の筋肉が固まり動きが悪くなると、前側の筋肉も緊張して固まってしまうため、股関節が硬くなります。

 

一例ですが、座りながら片足をもう片方の足に乗せ、背すじを伸ばしながら、前傾していく方法があります。

詳細な方法は、こちらのサイトや「すごいストレッチ」を参照してください。

 

「すごいストレッチ」は、分かりやすいイラストで手軽に出来るものが紹介されており、身体に詳しくない方でも行いやすいです。

 

 

身体を手軽に緩ませたい方は、マッサージガンがとてもお勧めです。

  

以前紹介しましたが、我が家では妻も購入し2台あります。

 

合わせて読みたい

【身体のセルフケア】マッサージガン ChampionGun ミニ型をレビュー【かなりお勧め!】

 

以前紹介した商品がなくなっていましたので、他のお勧めもご紹介しておきます。

 

また、身体を緩めるのにフォームローラーもお勧めです。

 

これらは、身体全般のケアに非常に役立つアイテムですので、1つあるだけでも便利です。

 

モモ内外の筋肉を機能させる

私は、左右の筋肉も縮まってしまい、上手く機能せずにいました。

 

前述の骨盤を立たせた状態で、モモ左右の筋肉も正しく動くようにするようにしていきました。

 

 

まず、モモ外側の筋肉を伸ばすように。

 

私の場合は、踵の外側に体重をかけるようにしていくと、外モモの筋肉が伸びる感じがあります。

 

腸頸靭帯(筋肉ではありませんが)を伸ばすようなイメージを持っています。

 

 

しかしこの状態では、身体が外側に行き過ぎてしまっています。

 

そこで、足の小指を上げるようにすると内モモにも力が入ってきます。

 

 

そして身体をしっかりと引き上げる。

 

このイメージを持つと丹田に力が入っている姿勢となります。

 

丹田に力が入ること。これが正しく安定するスタンスだと考えています。

 

 

しっかりした下半身を作ってから上半身を作る事で、程よく力が抜け、リラックスしているけど、安定したスタンスを取ることが出来ます。 

 

元々使われていなかった筋肉を使う為、最初はフラついたりするかもしれません。

 

足への体重のかけ方

足の骨は、非常に多くの骨で構成されており複雑です。

 

 

この細かい骨達は、回外すると結合し、回内するとバラける。という動きをします。

 

 

足の骨は、結合していた方が力が出ます。

 

なぜ足の骨がバラける必要があるのか?

 

それは、歩く際に地面から受ける衝撃を和らげる必要があるからです。

 

この動きが使われ、上手く人間は歩いています。

 

 

足の骨がバラけた「衝撃を和らげる」状態では、ダーツを上手く放すのは困難だと考えています。

 

「足の裏全体で」は感覚

「足の裏全体で体重を捉える」という事を選手からの話で聞いたことがあります。

 

これは、身体構造を考えると難しいと考えています。

 

感覚的には「足裏全体」だと思いますが、本当に「足裏全体で地面を踏もう」とすると、土踏まずのアーチを潰さなくてはいけません。

 

足のアーチを潰さないよう外側で体重を受けとめ、足の骨を結合させるようにすることで体幹が入りやすくなる。

 

これが安定したスタンスの足の使い方だと考えています。

 

 

しかし、力が入るからと回外させた状態で固定させてはいけません。

 

足首の柔軟性も非常に重要です。

 

足首が柔らかくなると、背骨も柔らかく使えるようになり、背骨が柔らかくなると身体を引き上げやすくなります。

 

足の指に手の指を挟んで足首をクルクル回してほぐしたり、マッサージガンで足首を緩めるのも効果があります。

   

まとめ

安定したスタンスの習得には、固まった筋肉を緩め、正しい筋肉で支える必要がある事をご紹介しました。

 

  • 足の外側に壁をつくるイメージをする
  • 丹田の入った姿勢が重要
  • かかとの外側に体重をかける
  • 身体を引き上げる

 

固まった筋肉をほぐすには、日々のケアがとても重要です。

 

正しい筋肉で立った場合、最初はふらついてしまい、この立ち方は良くない。と思われるかもしれません。

 

その際は、以下2点を確認してみてください。

  • 丹田に力が入っているか?
  • 呼吸が深く入る姿勢か?

 

参考に安定したスタンスの習得に繋がれば嬉しいです。

 

それでは。

 

合わせて読みたい

しっかりと立つ。身体の繋がりは足底から。5ポイント理論でも大切な足裏の意識

スポンサーリンク
スキルアップフォーム初心者
記事が気に入って頂けた方はシェアお願いします
むっかをフォローする
スポンサーリンク
だーつろぐ